水漏れの原因になる穴を塞ぐ修理の方法と水回り設備の管理方法

キッチンやトイレなどの水回り設備は配管などの破損が原因の水漏れトラブルがつきものです。水漏れは放置すると周囲の建材を傷めてしまい、建物の耐久性を著しく損ないます。速やかな修理が必要ですが、単に水漏れを解消するだけではなく再発を防ぐことも大切です。

水漏れの発生原因を正しく把握し、適切な修理方法と再発予防の心得を学びましょう。

配管設備の劣化による水漏れ発生の詳細

キッチンやトイレなどの水回り設備は許容量を超える過度の給排水や異物の廃棄などの原因で配管設備が傷むことがあります。また、適切な使用環境を保っていても経年劣化によって配管の耐久性が低下し、次第に変形やひび割れなどの不具合に見舞われてしまいます。

水回り設備に使われる配管は金属や樹脂など材質は様々ですが、劣化すると耐久性が低下し、流れる水の圧力に耐えられなくなって破損してしまいます。特に配管の連結部や湾曲している部分は水の圧力がかかりやすいので他の部分よりも傷みが進みやすいのが特徴です。

配管の傷みは目に見えないほどの微小な亀裂から始まります。見た目では正常な状態と変わりませんが、配管内を通る水がわずかに漏れ出て表面を濡らし、水滴を形成します。空気と配管の温度差で生じる露に似ているので水漏れとは気づきにくく、そのまま放置するケースが多数です。

配管から漏れ出た水は水滴になって周囲の建材を濡らす他、配管の表面にサビを作ることがあります。配管のサビは塗装面を傷め、亀裂が作りやすい状態を引き起こす厄介な存在です。しかし、漏れた水で配管が濡れているとサビが出来ても見えにくいので対処が遅れやすく、配管の傷みが更に進んでしまうこともあります。

水漏れの原因になる配管の穴を塞ぐ方法と注意点

配管の傷みが進むと内部を流れる水の圧力に耐えきれず、大きな穴が開いてしまいます。配管に穴が開くと大量の水が噴出してしまい、周囲の建材を酷く濡らしてしまいます。特にトイレや浴室など汚水を流す水回りの配管が傷むと衛生面でも大きな不具合が生じるので、すぐに修理を行うことが大切です。

水漏れを引き起こす配管の修理は大別して穴などの破損部分を塞ぐ方法と配管を新品と交換する方法があります。配管の交換は水漏れの再発を確実に予防出来るのが利点ですが、他の配管と規格が一致している部品を用意する必要があります。

また、水回り設備が古いと配管の連結部分がサビついてしまい、場合によっては取り外すことが出来ません。水漏れを引き起こすほどの破損が生じていない配管もまとめて交換することになるので費用が嵩んでしまう点を注意します。

配管に出来た穴を塞ぐ方法は部品の交換と比べて費用を安く抑えることが出来ますが、その一方ですき間を残さずに穴を塞ぎ、補強を施す必要があるので専門技術が不可欠です。水漏れの修理を専門業者に依頼する場合は費用や配管設備の状態を考慮し、最適な方法を選ぶのが良好な状態で長く使い続けるための重要な条件です。

水漏れを自分で直す際のポイント

配管の破損による水漏れトラブルは専門業者に修理を依頼するのが一般的です。しかし、破損の状態が軽度であったり夜中など専門業者に連絡が出来ない状態でトラブルが生じた場合は自分で修理を行うことになります。水漏れ修理は原因になる配管の破損部分を確実に塞ぐことが最も重要なポイントです。

そのため、必要な道具類を用意すると共に、配管に出来た穴の形状を観察するのが最適な方法で修理を行う条件になります。自分で行う水漏れの修理は専門業者に対処してもらうまでの応急処置と位置づけ、被害の拡大を防ぐことを第一に考えることが大切です。

水漏れの原因である配管の破損部分は市販の補修剤を塗布して塞ぎます。専用の薬剤は接着力が高く、水濡れにも強いので配管の破損部分を塞ぐのに最適です。その一方で薬剤の取り扱いは慎重に行う必要がある他、高額な製品が多いので手軽に使うには不向きです。

乾燥すると水を弾く性質がある不溶性の接着剤を穴塞ぎに使う方法もありますが、支出を低く抑えられる利点がある一方で専用の補修剤ほどの耐久性はありません。そのため、頻繁に水濡れに晒されると接着面が剥がれてしまう可能性があることを考慮し、修理に使う際は接着剤の量を慎重に調節することを心がけます。

修理後の水漏れ再発を防ぐための工夫

配管に生じた穴を塞いで修理を終えても水漏れが再発してしまうことがあります。水漏れは配管にわずかでもすき間があると生じるトラブルなので、穴の塞ぎ方が不完全であることが主な再発の理由です。また、修理作業の際に配管へ強い衝撃や圧力を与えていると新しい亀裂や変形が生じ、その部分から水が漏れるケースもあります。

修理を終えた後の水漏れトラブルの再発を防ぐためには修理作業を慎重に行う他、配管に余計な刺激を与えないことが大切です。水漏れの再発防止の中でも、修理を行った配管にコーティングを施すことで全体を皮膜で覆うのは水漏れの被害を防ぐのに効果的な方法です。

配管の微小な亀裂から生じる小規模な水漏れであれば皮膜が亀裂に入り込んで穴を塞いでしまうので水漏れが生じません。また、亀裂で生じた穴の形状に合わせて皮膜が入り込むので、配管と皮膜の間に水が溜まる危険が無いのも利点の一つです。

その反面、皮膜は経年劣化で弾力性が低下するので場合によっては皮膜にひび割れが出来ることがあります。水漏れの再発で建材の腐食などの不具合を起こさないためには一定の年月が経過するごとに配管ごと交換するのが無難な対処法です。

水漏れトラブルを起こさないための正しい使い方

水漏れは配管の穴を塞いだり新品の部品と交換することで解消出来ますが、修理費用が嵩むうえに漏れ出た水で建材を濡らしてしまい、居住空間の環境を損なう原因になります。そのため、キッチンなど水回り設備を使う際は水漏れを引き起こさないことを第一に考えることが大切です。

水漏れは給排水の許容量を超過する水量を扱うことで起こるトラブルなので、暮らしの中で水回りの設備を使う際は水の出し過ぎや流し過ぎを避けることが肝心です。特にキッチンやトイレの排水は自覚せずに水を流し過ぎることが多いので十分に注意することを心がけます。

また、熱水や油脂、薬品などは配管の耐久性を著しく損なうので絶対に流してはいけません。異物を流した配管は全体的に劣化が進み、水漏れに繋がる穴が複数出来ることもあるので冷水だけを流すように心がけます。

参考資料《住まいる水道 > 水周りトラブル