覚えておきたい!家で水漏れを発見した時の対処法

天井や床から水漏れを発見したら、パニックになってしまう方も多いのではないでしょうか。水漏れには原因がありますが、すぐにはわかりにくいものです。そういう時に、対処する方法を知っておくと突然の水漏れのトラブルにも落ち着いて行動できます。

そこで、水漏れのトラブルについて、原因と対処法、確認する方法などをまとめてみました。

壁や天井、床などからの目に見える水漏れ

家で起きる水漏れは様々あります。壁や天井、床など目に見えるところからの水漏れは、発見しやすいですが突然に起こるので焦ってしまいがちです。屋根や外壁から雨が侵入する、いわゆる雨漏りは雨水が家の内部に浸み込んできている状態です。

外壁や屋根材を修理することはもちろんですが、壁の内部にカビが発生していることもあるので、除菌して乾燥させる必要もあります。給水管からの水漏れは、給水管の劣化によって継ぎ目から水が漏れていることが多いです。

その目安として築10年を経過すると給水設備の老朽化で不具合が発生することもあるので、その場合は修理業者などに相談しましょう。配水管から水漏れしている場合は、配管の老朽化や詰まり、配管に圧力がかかってつなぎ目から水が漏れている場合があります。

配管を修理するとともに、配管の清掃や水漏れによって汚れた建材を除菌して乾燥させることが必要です。屋根や天井、壁や床などからの水漏れは、素人が対処できるものではありません。アパートやマンションであれば大家さん、もしくは管理会社、一戸建てであれば専門の業者に連絡して相談してみましょう。

いずれの場合も、目に見える時は突然ですが、知らず知らずのうちに水漏れが発生していることになります。こまめなメンテナンスが水漏れの予防になります。

漏水を見つける方法

ふだんと変わらない生活をしているにも関わらず、「水道料金が以前より上がった」「検針票の使用量が増えている」などという経験がある場合は、漏水している可能性があります。家にある水道の蛇口を全て閉めてから、水道メーターの「パイロット」という部分を見て動いているようでしたら、どこかで漏水が起こっているかもしれません。

漏水が起こっていると、水道を使っていなくても料金が高額になってしまいます。水道メーターは漏水と使った水を区別することはありません。つまり、水は休むことなく漏れ続けています。家の中でトイレやお風呂、キッチンや給湯器など水を使うところならどこでも水漏れが起こる可能性があります。

目で見えるところであれば修理も依頼しやすいのですが、どこから漏水しているのかわからない時には、蛇口などに耳をあてて音を聞いてみましょう。蛇口を開けた時のような水の流れる音が聞こえた場合、その音が一番大きく聞こえる部分の近くに漏水の原因が潜んでいる可能性があります。

一時的な応急処置として、家を空ける時や就寝中など水を使わない間は止水栓を閉めてしまう方法があります。この方法はあくまでも一時的なもので、止水栓を閉めてしまうとトイレも使うことができなくなります。漏水が疑われる時は、専門の業者に調査や修理を依頼しましょう。

こんな時は要注意!

キッチンやお風呂場などで配管がある壁や床、天井が使用した後も濡れていたり、トイレのタンクの水が使っていない時も水が出ている音がしているような時は、水が漏れている可能性があります。トイレのウオッシュレットなどのノズルなども劣化によって水が少しずつ漏れているような時は、なるべく早く修理をすることが大事です。

漏水が地下にまで及んでいる場合や、地下の配管が破損していたような場合は、家の外に「原因不明な水たまりがある」「晴れているのに湿っている場所がある」などがチェックポイントです。そうした場所があるかどうかを確認することでも漏水を発見することができます。

漏水が起こる原因の多くは配管の老朽化によるものといわれています。古くなった配管やポンプは正常な機能を果たせなくなってきています。耐用年数を経過しているような時は専門の業者に点検や修理を依頼することをおすすめします。

また、配管のつなぎ目や蛇口にはパッキンが使われていますが、パッキンも経年劣化により亀裂が入りそこから水漏れが起こります。パッキンは自分で交換できる部分もありますので、気がついた時に交換すると良いでしょう。

水漏れを放置してはいけない理由

使用した水も漏水も水道メーターには関係ありません。少しくらいの漏水といっても止まることなく流れ続けるので水漏れを放置すれば高額な水道料金を支払い続けることになります。そのため注意が必要です。また、水漏れが家の下に流れている場合は、室内の湿度を上げてしまうためカビが発生しやすく室内環境が悪化する原因となることがあります。

カビが発生すると悪臭もしますし、家具や壁にもダメージを与えてしまいます。湿気やカビの影響は壁の腐食やクロスのはがれ、家電にまで悪影響を与えるケースもあるほか、水漏れを放置していた、気がつかなかったという時には、家の基礎部分の破損やひどくなると地盤沈下を引き起こすこともあります。

また、漏水を放っておくと給水設備の修理費用だけでなく、家全体を点検したり修理したり費用が高額になることが考えられます。経済的な負担が大きくなるだけでなく、地盤沈下が起きれば事故にも繋がりかねません。水道管からの漏水は、自分の家だけのみならず近隣にも損害を与えてしまうこともあり、そうした場合は賠償責任が発生するおそれもあります。

たかが水漏れと思わずに、日頃から水廻りは水漏れがないかどうかチェックしておきましょう。

修理は保険でカバーできることも!

壁の内部の修理などは費用がかさみます。住宅の水漏れは火災保険の保証で水漏れ事故をカバーすることができます。また、アパートやマンションでは専有部分では個人賠償責任保険などで、共有部分では管理組合で加入する施設賠償責任保険などの特約でカバーすることが可能です。

マンションで水漏れの被害にあった場合、加害者が保険に未加入であっても自分が加入していれば保険で修理ができるケースもあります。マンションなどの集合住宅では、水漏れの加害者にも被害者にもなってしまう可能性が高いです。

加入している保険が水漏れにも対応しているか見直してみることをおすすめします。